INSIDE LOGOSWARE

ロゴスウェアスタッフがお送りするフランク&フレッシュなロゴスウェア情報

自分を守りましょう2011年3月29日ロゴスウェア




ロックバンド「スピッツ」のボーカル・草野マサムネさんが
体調を崩されたというニュースがありました。

東北地方太平洋沖地震と原発事故の影響による急性ストレス障害が原因で、3週間の療養が必要と診断されたそうです。
オフィシャルコメントには「自分が被災したわけでもないのに」「無力感」「申し訳ない」という言葉が並んでいました。

このような診断がなくても(または受診していなくても)、
今は多くの方が心の中に重い鉛を抱えているような状態ではないでしょうか。
被災地で今も苦労されている方はもちろんですが、そうでない方も。

それでも私たちはやるべきことや守るべき人のために自分を奮い立たせます。そのうえ「自分よりも辛い状況にある方」のことを思い心を痛め、節電や義援金を送っても解消されない無力感にさいなまれているかもしれません。
長引く余震や原発問題の報道もまた、私たちの心をかき乱します。


今、私たちはがんばらなくてはいけません。
でもそれ以前に自分を守らなくてはいけません。


このような状況でストレスを感じるのは自然なことだそうです。
自分を弱いと責めても何も生まれません。
誰かからの優しい言葉を受け入れ、
その優しさはまた別の誰かに還元できればいいのではないでしょうか。


ロゴスウェアつくばオフィスが臨時休業となった時、
私は自宅に一人でいました。
余震が続き情報も混乱している中、とても心細い時間でした。

そんな中、Yammerやチャットで届く業務連絡の合間の、スタッフ同士がお互いを心配したり気遣うコメントにどれだけ励まされたかわかりません。
「大丈夫?」たったそれだけで、大丈夫じゃないと思いかけていた自分の心が「大丈夫」になっていきました。
直接自分に向けられたものではなくても、そういった発言があるコミュニティに属していることに支えられもしました。


スピッツの草野マサムネさんはあの独特の切ない声で、
君の言葉だけで強くなれる…という内容の詩を歌っていました。
どうかファンの多くの声が届いて早く回復されますように。
今は全ての方にそんなささやかな力こそ必要なのかもしれません。

まだ戦いは始まったばかりです。
自分を守って、身近な人と支えあって、そして進んでいきましょう。


苦しんでいる全ての方の心が少しでも軽くなりますように。

1027_L
※クリックで拡大

The following two tabs change content below.

ロゴスウェア

ロゴスウェア株式会社は、インターネットや情報技術を使って学習に革新的進化をもたらす製品を開発することを目標に、2001年7月に設立されたテクノロジー系ベンチャー企業です。