INSIDE LOGOSWARE

ロゴスウェアスタッフがお送りするフランク&フレッシュなロゴスウェア情報

とてつもなく長く感じる「学習」の、その先にあるもの2013年6月28日君島 弘子



CMG(コーポレートマーケティンググループ)の君島です。

前回、私たちが取り組んでいる社内勉強会システム「学習コミュニティ」についてお伝えしました。「学びをシェアするために私たちが挑戦していること

そして、半年間学習を続けてきた学習コミュニティ「表現技術」が6月をもって終了しました!おつかれさまでした!乾杯ー☆(とりあえず気分だけ)

外資系コンサルのスライド作成術

「外資系コンサルのスライド作成術」の本にそって持ち回りでプレゼンテーションを行い、毎回課題に取り組み、学習内容のアウトプットに重点を置いてきました。

最終日には、今まで課題で提示されたアイデアの実行企画に時間を割きました。
ロゴスウェアのWebサイトなど実務にそった課題だけに、どれも現実的で実現性が高く感じられます。


「この縦軸、変えたほうがもっとわかりやすくない?」
「この情報必要?ユーザーが混乱しない?」
「同じ情報が重複してるよね。これ、いらない。」


新たな知識やテクニックを習得しているだけに、皆の感覚も以前より研ぎ澄まされたようです。個々の感じ方には違いがありますが、共に学習を積み上げてくると、こうやって同じ目線で課題に対峙することができるんだな、と感じた一瞬でした。

こうして実行企画が決まり、Webサイトマネジメントプログラムのひとつとして、正式にAR(Action requirement) に登録されました。今後、ARにそって具体的な計画実行に進みます。

どんなものでも学習途上はモチベーションが下がったり、ゴールが見えない道のりはとてつもなく長く感じるものですよね。今回、こうして実践として形にすることができたことは私にとってとても大きな経験でした。おそらくひとりではできなかったでしょう。仲間との学び合いだからこそ達成できたのだと強く感じています。
みんな、ありがとう!!


学習を終えた全てのスライドを掲載しますのでご興味のある方はぜひご覧くださいね。

※このスライドは、プレゼン教材作成ソフト「STORM Maker」で作成しています。

The following two tabs change content below.

君島 弘子

ロゴスウェア株式会社 コーポレートマーケティンググループ広報担当。