INSIDE LOGOSWARE

ロゴスウェアスタッフがお送りするフランク&フレッシュなロゴスウェア情報

最高の組織文化をつくる2015年1月13日伊倉



ロゴスウェアには共有すべき【価値観】があります。
この価値観について、石神社長はつぎのように発言することがとても多くなりました。

——-
「世界はすごいスピードで変化し続け、かつ多様化している。
それらは、私たちが遭遇する問題を複雑にし、かつ判断を難しくさせている。
このようにあらゆるものが不確かな状況下において、
会社で社員の行動の基準となるべきものは価値観しかない。」
——-

では、
価値観をベースとした高度な組織文化は、
いったいどうしたら築くことができるのか。
「最高の状態」に到達するには何が足りないのか。
たとえば、ホテルザリッツカールトンやディズニーランドのように、
価値観が社内中に浸透するにはどうしたらいいのか。。。
これは組織開発における私の最大のテーマです。

 

そもそも「最高の組織文化」とは?
いったいどんな状態をいうのでしょうか??

まずは
社員ひとりひとりが自分の考える、
「最高の組織文化」をイメージしなくてはなりません。
(それにはきっかけが必要ですね)

そして
イメージしたものを他者に説明できるようにしなくてはなりません。
(わたしたちはそれを言葉や文章に起こす必要があります)

それから
それぞれが書いたものを互いにオープンにし、
互いに理解しなくてはなりません。
(わたしたちにはそうする場所と時間が必要になります)

もし
大きなズレやギャップがあればすり合わせなければなりません。
(わたしたちにはそれを話し合う機会が必要でしょう)

・ 😉 きっかけをつくり
・ 😉 対話の場所と機会をつくり
・ 😉 各々の想うことを引き出すこと。
これは社内の誰かがやらねばなりません。
そしてそれこそが私の役割だと思っています。

もともと組織文化というものは時間をかけて醸成していくしかないものです。
本当の意味で価値観を共有するには、今思いつくのはこの方法しかない。
担当である私自身が、その覚悟と信念をもって取り組みます。
2015年新年によせて

The following two tabs change content below.

伊倉

HR。採用と社員教育が主な活動領域。スタッフの能力向上と組織コミュニケーションに興味があります。現在はロゴスウェア株式会社勤務。