INSIDE LOGOSWARE

ロゴスウェアスタッフがお送りするフランク&フレッシュなロゴスウェア情報

多彩な方法で人事評価をする会社2016年9月26日伊倉



ロゴスウェアの人事評価は、「公平性」を大切にして設計されています。
ここでいう公平性とは、
1 評価基準が明確であること
2 評価決定にはいくつもの視点を反映させること
3 社員本人が納得できるものであること
です。

Performance Review ————
パフォーマンスレビューとは人事評価制度の総称です。
3か月に一度実施されます。レビューシートに記載されることは、「今四半期の行動と成果」「今四半期中に改善・向上した領域」、「次の向上・改善を要する領域」そして「今四半期の評価」です。

昇給は、パフォーマンスレビューの下に、3ヶ月ごとに実施されます。基本となる昇給幅は会社の業績に依存しますが、これに加えて、個人ごとの評価に応じた昇給額の上乗せ分があります。

個人ごとの評価は次の3つの評価軸で行われます。基本的にマイナスの評価はしていません。

————OAP
一緒に働く仲間による行動評価です。全社員は、他の社員のよい行動を観察したら専用システムを使って即座に投票できます。 自分の獲得総数が、過去の自己平均を超えると、超えた分の昇給があります。

———-トレンド評価
上司による評価です。 前回のパフォーマンスレビューで提示された「次の向上・改善を要する領域」に著しい向上が見られたときに、昇給額が上乗せされます。

————成果評価
「今四半期の行動と成果」に対する評価です。 成果の質がとてもよかった場合に、ボーナス支給額が割増されます

———–
人事考課は、給与額を決定する重要なものです。が、
ロゴスウェアの評価制度は、目指すべき姿をあらためて考えたり、会社が社員に望むことを理解するタイミングにもなっています。
(HR;伊倉)

14390922_1169721513066874_5335491239261309131_n

The following two tabs change content below.

伊倉

HR。採用と社員教育が主な活動領域。スタッフの能力向上と組織コミュニケーションに興味があります。現在はロゴスウェア株式会社勤務。