INSIDE LOGOSWARE

ロゴスウェアスタッフがお送りするフランク&フレッシュなロゴスウェア情報

ロゴスウェアのコミュニケーションルール2016年9月7日伊倉



「ボクシングにルールがあるように、会話や議論にも共通のルールが必要だ。
ただの殴り合いになってしまっては会話が成り立たない。職種が違えばなおさら危うい」と社長は言います。

社内コミュニケーションのさらなる向上を目的として、ロゴスウェア流BKMが完成しました。
・「BKM:話しかけるときに注意すること6つ」
・「BKM:聞き手になるときに注意すること6つ」

BKMというのは、Best Known Method というのがフルネームで、
世の中的には、最も一般的な方法 という意味のようです。
ロゴスウェアでは「今、私たちが知っている方法の中で最良のもの」という意味で使っています。
(「今」と加えているのは、今後もこのルールをバージョンアップしていくぞ、という常に変化を好む文化のあらわれです!)

このBKMが面白いのは、各6か条が、
それはそれはリアルで、具体的で、実践的だということ。
社員全員にヒアリングしてまとめているので、「ロゴスウェアあるある」が凝縮したものになりました。

職種に関係なく全社内に周知されています。
プログラマもエンジニアもテスターも広報も営業も事務スタッフ、
それぞれ専門分野や専門用語が異なっても、BKMは共通、みんなのもの。

実物を見たいかたは、ぜひロゴスウェアへ遊びにきてください!
(HR:伊倉)

The following two tabs change content below.

伊倉

HR。採用と社員教育が主な活動領域。スタッフの能力向上と組織コミュニケーションに興味があります。現在はロゴスウェア株式会社勤務。